コンテンツ

リプロデンチャー(総義歯)

総義歯用に製作する従来の咬合床は、基礎床と咬合堤から構成される仮の義床であり、基礎床部分はワックス・オストロンなどで製作していました。
この部分は、試適作業の後、樹脂(レジン・スルフォン)に置き換えます。
これは今までの義歯製作では当然の作業であり、正に、この置き換える重合作業によって収縮変形が起こります。
理想としては試適作業時の適合が最終セット時でも同じでなくてはなりません。

そこで、リプロデンチャーでは、まずリプロプレートを製作します。
このリプロ基礎床は、完成した基礎床です。よって、試適作業後の収縮変形がありません。
また、マスター模型を残すため、その後の咬合採取、配列試適もしたすくなります。

まさに、リプロプレートによる義歯製作はこれからのスタンダードになっていくでしょう。

■リプロプレート■