小児歯科

小児歯科

お子様の歯の治療とは

 

子どものむし歯は、将来の食生活などに大きな影響を持っています。

むし歯があると、痛みなどの為そしゃくが上手くできません。成長期の体に与える影響はもちろん、あごの発育不全などの原因になります。

また、ひどいむし歯は放置すると、永久歯が決められた場所に生えることができず、歯並びやかみ合わせが悪くなったり、乳歯の下にある永久歯の芽にも悪い影響を与えてしまいます。

小児歯科では、ただむし歯を治療するだけではなく、歯とあごの正常な発育を促し、将来予測される歯の問題を未然に防ぎます。
一人一人お子さまの成長にあわせて、最善の治療を行っていきます。