コンテンツ

歯周病の原因・症状とインプラント治療方法

インプラントとは一体どのような仕組みになっているのでしょうか?

インプラントとは人口歯根治療法の事です。失ってしまった歯の、根の部分に人口である歯根を埋め込んで、その上に人口の歯を埋め込むという方法の事をインプラントと基本的に言われています。
インプラントが、他の歯の治療法である入れ歯などと違う点というのは、以下の理由からです。

  • 入れ歯などは歯茎などに、人口の歯を金具などで固定する方法ですが、インプラントは歯根を直接にあごの部分などに埋め込みます。
  • インプラントはあごの骨に直接歯根を固定して根っこからしっかりと人口の歯が固定される為天然の歯と変らない、自然な感覚がある人口歯を手に入れる事ができます。
  • インプラントの方法では、入れ歯などと違い骨の減少を防ぐ事が出来ます。そしてインプラントをする事によって骨の代謝を促すことが出来るので、健康なあごの代謝を維持する事が出来ます。

総合して言うと、インプラント・インプラント治療と一般的に言われるものは、あごの骨に歯の根っこに代わる為のチタンや金属を埋め込んでその上から人口の歯を取り付ける治療方法の事です。