コンテンツ

症例集(フルデンチャー)

上顎ハイグリップ床

ハイグリップ加工することで、吸い付くような使用感。

上顎ハイグリップ金属床

右側の写真にあるのは、ハイグリップ金属床の圧痕

下顎ハイグリップデンチャー

顎提の低いデンチャーにも、ハイグリップ加工を施すことで表面積を増やして対応。
左側の写真が試適の段階から納品まで変わることのない基礎床。

<ハイグリップデンチャーの特徴>

  • 試適の段階で既に完成された基礎床をしようする為、精度の高いデンチャーが仕上がる。
  • ハイグリップ加工を施すことで、表面積を増やし、吸い付くような使用感となる。

※シリコン裏装

・歯槽骨の突起などで、通常のデンチャーでは対応しきれないケースは、シリコンを裏装することで対応できます。
(リプロデンチャーは、シリコン部分と樹脂部分が剥がれにくいのが特徴です。)