コンテンツ

リプロソフトアタッチメントデンチャー(特許出願中)

基本的に残存歯に従来の金属ワイヤータイプのクラスプは使用しません。(症例による)
リプロソフトアタッチメントは、残存歯のアンダーカット部分にシリコンを裏装して安定させます。
従来のワイヤータイプですと局部で維持するため、残存歯への負担が大きく、異物混入は避けられませんでしたが、リプロソフトアタッチメントでは、シリコンにより、残存歯を包み込むように維持し、なおかつシリコンがアンダーカット部分のパッキンの役目を果たすため、残存歯への負担も軽減され、異物混入が少なくなります。

よく噛める。スクラブが無い。(審美性が良い)と、患者様から好評を頂いております。

パーシャルタイプもフルデンチャー同様、リプロプレートからスタートするため、一床一歯などの小さいケースであっても完成品での試適作業となり、より一層、適合の良い入歯が完成します。

安定感

審美性

前歯部分のスクラブは案外目立つもの。
患者様に気持ちよく日々を送っていただくためには、重要な要素だと考えます。